バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

重いバイクと軽いバイクで変わること「ブレーキング」編

重いバイクと軽いバイクで変わること「ブレーキング」編

排気量の大きいバイクのブレーキ性能

ブレーキ性能は安心安全にバイクに乗るためにとても重要な要素です。
バイクとしては軽快にスピードが出ることも魅力ですが、やはりきちんとブレーキ動静が確認できないと安心して乗ることができません。

排気量の大きいバイクはバイクが大きくなることで重量も重たくなり発生するトルクも大きくなります。
それによって車体も頑丈なつくりにすることが必要なのでかなりの重さになります。
女性の場合にはエンジン停止時には全く動かせないという人がいることもあるくらいの重さです。

車重が200キログラムのものと車重が100キログラムのものとではブレーキングには2倍の距離が必要になります。
速度が2倍になれば計算では制動距離は4倍となります。
そのようなことになってはバイクの運転がとても難しいものになってしまい簡単に乗ることができません。

そこで、バイクにはハイパフォーマンスなものになればなるほどブレーキシステムが強固なものになっています。
重量級のバイクにはABSが搭載されていますし前後連動ブレーキのようなアシスト機構も備えられており安全対策は厳重です。

安全に大きなバイクに乗るために

バイクに安全性能があるから誰もが安全にバイクに乗ることができるわけではありません。
バイクのブレーキングというのはバイクを乗りこなすライダーの技量にも左右されるものです。
ABSがついていてもそれを稼働させることができなければ機能を使うことができず全く役に立ちません。

そこで、大事なことはバイクの機能ではなく自分自身がどれだけその機能をちゃんと利用できるかということです。
ブレーキもかかりやすいものが多いですから、小型マシンのようにしっかりとグリップを握ると一気にブレーキがかかり危険な目に合うこともあります。
そこでブレーキの硬さや効き方、持っている安全装備といったものを確認して実際に使ってその使い心地を知ったうえで走行することが重要です。

特にブレーキをゆっくりじんわりとかけていくのはコツが必要です。
簡単にロックするのではなくスロットルを戻しつつブレーキレバーの遊びを取りながらかけていくことでじんわりとブレーキを掛けていくことができます。

操作するのは単純ではないですが、だからこそ大きなバイクは楽しめるということもいえます。
慣れるまでは単純操作でないことに面倒さを感じることもありますが、乗っているうちにバイクと自分の意志がうまく呼応して動静が取れるのがとても魅力的です。
馬力もあり気持ちの良いエンジンの動きと自分が意図したエンジンがかかるのはバイクで走っていてとても楽しいですし、バイクの楽しさを知ることができること間違いありません。