バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

乗りやすいバイク「SUZUKI GSR250」

乗りやすいバイク「SUZUKI GSR250」

誰にとっても乗りやすいSUZUKI GSR250の魅力

バイクに乗る人には色々な理由があります。
自動車よりも気軽に乗りたかったり、普段の移動手段として乗りたかったり、身軽に遠出をしたかったりと様々です。
この多くのニーズを叶えることができるバイクがSUZUKI GSR250です。

ここではSUZUKI GSR250の魅力を様々なシーンから紹介していきます。
これからバイクを購入している人は是非参考にしてみてください。

日常の道を走るのにも最適

SUZUKI GSR250で街乗りをすると、入り組んだ道や狭いところ、混雑をしている場面でも使い勝手や乗りやすさを実感することができます。
このような街乗りをすると、ツーリングとは異なりストップ&ゴーが多くなるので低回転でのパワーや発進しやすさが重要です。

GSR250のエンジンは回転がとてもよく、なおかつ癖がありません。
そのために、流れに合わせて走るのは得意ですし、エンストの心配もなく、ビッグスクーターのような楽な走行ができます。
交差点で止まることが多かったとしてもストレスにならず気持ちよく乗ることができるのです。

250ccということで軽くて乗りやすいのはもちろんなのですが、街中走行にあったポジションやブレーキの扱いができるのもとても走りやすく感じられます。
Uターンもしやすいですし、コーナリングもしやすく町で乗る際には文句なしの走行性を実現しています。

また、渋滞時に不安になるポジションと乗りやすさの点でもふらつきが少ないので安定性があります。
もう一つありがたいのがエンジンの熱気がライダー側に上がってきにくいので渋滞時のノロノロ走行でも乗りやすいです。
この走行性の高さは、大型のバイクからこちらを定番バイクに切り替えようと思う人も多いくらいの快適さが実現されています。

もちろんツーリングでの乗りやすさも文句なし

やはり、バイク乗りにとって楽しみなのはツーリングでの気持ちの良い走りです。
街中ののんびりした走りもツーリングのようなスピーディーな走りでも乗りやすさには違いがありません。
どちらのシーンであっても乗りやすく気持ちよい走行が実現できます。

ワインディングについても、どのようなコーナーであっても気持ちよく曲がり切ることができ、苦手な場面はないといえます。
ただし、上りだとコーナーを立ち上げてフルスロットルで開けても大型ほどの迫力は感じられません。
しかし、だからこそ誰でも乗りやすく安全に走ることができるとも言えるのです。

逆に、フルスロットルのようなエンジンのトルクの物足りなさを補うような走りを研究するということもできます。
その点ではSUZUKI GSR250だからこそできる走りを探ることができるという楽しさを持つこともでき、上級者だからこその楽しみかたもあるのです。