バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

事故を起こした時の対処方法

事故を起こした時の対処方法

交通事故を起こしてしまったら

バイクに乗っているすべての方が気をつけなくてはいけないのは交通事故です。
どんなに安全運転を心がけていたとしても、交通事故を起こしてしまう可能性はあります。
そんなときに適切な行動を取ることができないと、大変なことになってしまうでしょう。

まず、交通事故によって怪我人が発生したかどうかをすぐに確認しましょう。
もし怪我人がいる場合には、迷うことなく救急車を電話で呼んでください。
たとえ軽い怪我であっても、見えないところが傷ついている可能性はあるため、被害者の方に付き添って、病院までついていくようにしましょう。

事故が起きてしまうと、他の車やバイクなどの交通の妨げになってしまう可能性があります。
そのため、バイクは安全な場所まですぐに移動させるようにしましょう。
もし、相手の車が動かなくなってしまった場合にはレッカー車を手配しなければいけません。

路上に駐車したままにしておく場合は、発煙筒や停止表示器材を用いるべきでしょう。
交通事故を起こした場合は、たとえそれがどんなに小さな事故だったとしても、すぐに警察に通報するべきです。
もしそれが人身事故の場合には、そのことをきちんと警察に届け出る必要があります。

交通事故の加害者は責任をもって警察まで事故の報告をすることが義務となっているのです。
また、加害者だけではなくて、被害者の方でも警察に届け出ることは大切です。
仮に保険金を請求する場合には警察に届け出をして、交通事故証明書を交付してもらう必要があります。

交通事故の際に取るべき行動

交通事故が起きてしまうと、その直後であれば事故の詳細な状況を把握できているのですが、記憶というのは急速に薄れていってしまうものです。
事故が発生した日時や場所はきちんと記録として残しておき、できれば写真も撮影しておきましょう。
事故現場がどのような状況となっているのか、どのような事故経過だったのかといったことも記録してください。

相手の住所や氏名、連絡先はきちんと確認しておき、何かあればすぐに連絡するべきです。
相手が車の場合は、登録番号をきちんとメモしておきましょう。
もし事故を目撃した人がいるなら、第三者からの大切な証言を得ることができるため、万が一のときに証言してもらえるように頼んでおきましょう。

絶対にやってはいけないこととして、事故現場で示談をしたり、口約束をしてはいけません。
これによって、あとで思わぬトラブルに発展してしまう可能性があるからです。
もし示談にしたい場合には、損害保険会社からきちんと承諾を得てからにするべきです。
交通事故にあってしまった場合には上記のことに気をつけて適切な対処をしましょう。