バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

コーナリングに慣れよう

コーナリングに慣れよう
コーナリングに慣れよう

速度コントロールが要

バイクの運転において特に重要なものはカーブを曲がるとき、つまりコーナリングです。
バイクと自分が一体となってコーナリングをするのはとても楽しいのですが、慣れていないとなかなか上手くできません。
恐る恐るコーナリングをしている初心者の方はたくさんいるでしょう。

コーナリングをパートごとに分けると、ブレーキング、倒しこみ、旋回、立ち上がりの4つに分けることができます。
このそれぞれの部分をきちんと行うことによって、上手くコーナリングを成功させられます。
コーナリングにおいて重要なポイントとして上手く速度をコントロールすることは大切です。

それぞれのコーナーごとに最適な速度があり、いかにしてコーナーの手前でその速度に持っていけるのかがコーナリング成功のための鍵を握っているのです。
そして、この速度調整のために大きな役割を果たすことになるのがブレーキングです。
コーナーに到達するだいぶ手前の段階から減速していくことが基本となります。

ブレーキングは長く一定にかけるのがコツであり、その際には上体をリラックスさせましょう。
そして、コーナーの入口に差し掛かったときには、ブレーキを緩めながら倒しこみをします。
バイクを曲がりたい方向に向けて倒しこんでいくことによって、自然とバイクはコーナーの方へと向かっていきます。

コーナリングのコツ

コーナリングの後半部分といえるのが旋回と立ち上がりであり、ここはスロットルワークがポイントとなります。
バイクを倒しこんでいくときにはスロットルを閉じているのですが、次にどのタイミングで開けていくのかがポイントとなるのです。
旋回をして、バンク角をほどほどに保ち、出口が見えてきたときに車体を起こしながらスロットルを開けていきましょう。

スロットルをいきなり開けてしまうとスリップダウンの原因となってしまうため気をつけてください。
ポイントは、ゆっくりとスロットルを開け始めることであり、車体を起こしながら開けるのがポイントです。
このポイントをしっかりと身につけることができれば、キレイにコーナリングすることができるでしょう。

コーナリングのライン取りに苦労している方がいるかもしれません。
基本的にはミドルキープするべきであり、車線の真ん中を走るのが最も安全です。
ライン取りを正確にすることができれば、安全でスムーズなコーナリングができるようになります。

以上で技術的なことを解説しましたが、最終的には実際にバイクに乗って、何度もコーナリングしてみることが重要です。
習うよりも慣れることが大切であり、何度も試行錯誤を繰り返していけば、コツがつかめるでしょう。