バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

サーキットを走る前の事前知識について

サーキットを走る前の事前知識について

サーキットを走る

サーキットを走ると聞くと、多くの人がレース参戦をイメージします。
しかし、レースに参加しなくてもサーキットは走行可能です。
別に誰かと競うことなくサーキットは走ることができます。

あくまでもサーキットというのは、スポーツ・ライディングを楽しむための場所です。
そのため、走って競い合うことなく一人で安全に運転スキルを上げるための走行をすることもできます。

とはいえ、サーキットは普通の道路とは違いますから走るにあたって予備知識が必要です。
そこで、ここではサーキットを走る前に知っておくべき知識について紹介をしていきます。

サーキット走行前の予備知識

まずはマシンの整備が重要です。
これは基本的に公道を走る時と同じで、マシンが安全に走ることができる状態であるかを確認していきます。
タイヤの摩耗で溝が無くなっていないか、ブレーキ周りはきちんと作動するか、エンジンオイルとドレンボトルの締め付け、タイヤの空気圧、ガソリン残量といった走行前に確認する基本事項は確認したうえでサーキットに入りましょう。

次に装備です。
ライダーの装備としてサーキットでは多くの人がレザースーツを着用しています。
レザースーツは最適な服装ですが持っていないという人も多いです。
そこで、最低でもライディングウェアだけは用意しておきましょう。

革のズボンとプロテクターが入っているジャケット、革のグローブとブーツがあると体験走行程度の走りは十分です。
本格的にサーキットで走りたいという人は少しずつウェアを揃えていきましょう。

体調管理も重要です。
サーキットは速度を上げての走行をします。
そのため一瞬の判断で大きな事故やアクシデントを起こすことも少なくありません。

冷静な判断をし適切な行動をとるためには体調が万全でありすぐに行動が起こせる状態である必要があります。
サーキット走行前日までに体調が悪い場合にはしっかりと治しておくこと、当日は副作用や睡眠の心配が内容薬を摂取することなくサーキットに行くことができるように整えておくべきです。

また、中には前日にサーキットを走る仲間と飲み会が開催されるということもあります。
二日酔いは気持ちよく走ることができないですし、判断にかけることも多いです。
前日に飲み会があったとしても早めに切り上げること、飲みすぎないことを心がけましょう。

サーキットでの走りにはメンタルの調整も重要です。
気持ちが落ち着かないと走りに現れて思うようにスピードを出すこともできないですし、スピードに乗り切れないことも多いです。
気持ちが調整できない場合にはサーキットに来ても事故防止のために走ることをキャンセルすることも検討しましょう。