バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

気を付けよう、嫌がらせへの対処

気を付けよう、嫌がらせへの対処

マナーをきちんと守ろう

バイクに実際に乗るようになると、それまで思いもしなかったことに巻き込まれることがあります。
たとえば、バイクに対する嫌がらせというのはかなり多いのです。
世の中にはバイクに対して嫌悪感を抱いている方がたくさんいて、そういう方がバイクに対して嫌がらせをするケースがあるのです。

ただし、バイクの方がマナーを守っていなかったから嫌がらせされたというケースもあります。
まずは、バイクに乗っている側がきちんとマナーを守りながら運転することによって、嫌がらせを防ぐことができるでしょう。
たとえば、順番はきちんと守るべきであり、バイクだからといって無理やり先頭に出ようとしてはいけません。

バイクというのは数が少ないため、少しでもマナーの悪い運転をしてしまうと目立ってしまいます。
できるだけ交通ルールを守り、マナーを違反しないで運転するようにすれば、煽られるようなことはほとんどなくなるでしょう。
交通量の多い道を走る際にはあまり目立たないようにして、真面目に運転することを心がけましょう。

時間帯によっても煽られやすいときと煽られにくいときがあります。
基本的に昼間は一番煽られにくく、夕方や朝になると交通量が増えるために煽られやすくなります。
曜日としては基本的に休日になるとかなりの確率で煽られやすくなり、逆に平日は平和にバイクに乗れることが多いです。

バイクそのものへの嫌がらせ

たとえば、バイクのパーツが盗まれてしまったり、場所を移動させられるなどの嫌がらせを受けることがあるかもしれません。
バイクを駐車する際には、できるだけ目立たないようにして、きちんとカバーをかけておくことをおすすめします。
人の目につかないような場所に駐車しておいて、誰にも知られないようにすることが一番良いです。

バイクというのはどうしても目立ってしまうため、それに対して嫌がらせをしようという人間が必ず出てくるものです。
ただし、ひょっとしたらあなたの知り合いからバイクに嫌がらせを受けることがあるかもしれません。
この場合は、その人ときちんと話し合いをして、問題を解決することが大切でしょう。

あまりにも酷い嫌がらせを受けているならば、警察に通報することも一つの手です。
特にバイクに対して直接被害が出ている場合は、嫌がらせの範疇を超えているため、警察に訴え出ることは有効な対処となるでしょう。
バイクに乗っているとさまざまな嫌がらせを受けることがあるのは理解しておきましょう。
バイクに対してはまだまだ偏見が根強く存在しているため、それが払拭されるまでは、このような状況がずっと続いていくでしょう。