バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

サスペンションの機能を理解する

サスペンションの機能を理解する

バイクを乗りこなすのに欠かせないサスペンション

バイクに乗りこなすためにはサスペンションが重要であると言われます。
サスペンションとは車体を支えるパーツの一部です。
日本語訳すると懸架装置となり、バイクの荷重を支えて路面からの衝撃を吸収するのが役割です。

車体を支えるパーツがサスペンションなのですが、バイクができた当初はサスペンションもないただ自転車がエンジンを積んだだけのものでした。
それが時代の流れとともに進化して、乗り心地と安全性の向上が進んで今では車体の姿勢やトラクションのかかり方をコントロールすることができるようになっています。
このようなコントロールをすることで、バイクの運動性能が引き出され、サスペンションはバイクの走りをよくするための重要な役割を担っているのです。

そこで、バイクに乗るにあたってはサスペンションの機能を理解して使いこなすことが上手に乗るために重要な役割となります。
ここではサスペンションの基礎知識を紹介していきます。

フロントフォークとリアルサスペンションの役割

フロントフォークは路面からの衝撃を受け止めて乗り心地を向上させる役割を果たしています。
車体の姿勢やハンドリングのコントロールを行なっているのもフロントフォークです。
ブレーキをかけるときに低速ギアを受け止めてバイクの重さを支えながらも舵の機能も受け持っているのでとても頑丈な作りになっています。

それに対してリアルサスペンションは、基本的にはフロントと同じく同じ路面からの衝撃を受け止めて乗り心地を向上させることが役割です。
車体姿勢やハンドリングをコントロールしていてm援護左右からの応力はスイングアームが受け持っているのでリアルサスペンションの構成自体はとてもシンプルです。
フロントフォークのようにチューブに内蔵されているのではなくユニット単体なのも特徴です。

良いサスペンションの選び方

走行性を決める大事な要素であるために、バイクを選ぶときにはサスペンションが良いものを選ぶことが重要であると考えられます。
もちろん、サスペンションの種類はコストで分類されるほどその性能は価格で変化をするものです。
しかし、コストの高いものが自分にとっても良いとは限りません。

サスペンションだけでバイクの性能やその走行性の全てが決まるわけではないのです。
そこで、サスペンションとそれに付随する部分についても考えた上でバイクを選ぶことが重要です。
実際に運転をしてみて自分にあったものを選ぶために、自分が期待する走行性がどのようなものかを考えて、それを元にそれにあった走行性が実現できるサスペンションやエンジンを搭載したバイクを選ぶようにしましょう。