バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

バイクのセキュリティを考える

バイクのセキュリティを考える
バイクのセキュリティを考える

盗難防止対策

バイクを持っている方が絶対に考えておかなければいけないことは盗難防止の対策です。
バイクのセキュリティについては意識を高めておかないと、簡単に盗まれてしまいます。
バイクの盗難は日本で流行っており、件数も増加傾向にあるため、真剣に対策しておかないと大変なことになるでしょう。

高いお金を出してせっかく購入した自分の愛車が盗まれてしまうというのはとても悲しいものです。
バイクを盗難されてしまうと、それが戻ってくる可能性はかなり低いのです。
特に最近はグループでプロの窃盗犯がバイクを盗むケースが増えているため要注意です。

バイクのセキュリティを高めるために最も効果的なことはバイクの存在そのものを隠すことです。
バイクがあることが知られていなければ、そもそも盗難のターゲットにされることはないのです。
そうなれば盗まれる心配はなくなるため、安心してバイクを持つことができるでしょう。

バイクの窃盗犯は通常あらかじめ下見をしておいて、どのようにして盗むのかをイメージするものです。
そのため、下見の段階で窃盗犯にマークされなければ、盗まれる心配はないのです。
バイクカバーをかけておくだけで、一見して車種が分からないため盗まれる可能性はかなり減ります。

切断工具を用いればロックしていたとしても簡単に持ち去ることができます。
そのため、基本的にロックは複数のものを使用する方が防犯効果は高まるでしょう。

バイクの盗難防止のためにできること

現在、バイクの盗難を防止するためのさまざまなグッズが出ているため、それらを有効に扱いましょう。
ブレーキローターに装着するタイプのロックとして強力なものがディスクロックです。
コンパクトにまとまっているため、出先でとても役に立つグッズです。

ディスクロックにさらにアラームがついているタイプがあり、これはわずかな傾きや振動を感知して警報を鳴らすことができます。
これによって、万が一バイクが盗まれそうになったとしても、防ぐことができるのです。
あまり予算をかけることができない方にはワイヤーロックやチェーンロックをおすすめします。

これらのタイプのロックは簡易的なものからある程度太さのあるものまで出ています。
複数のロックを使用したい場合にはその中の一つとしてこちらを選択すると良いでしょう。
ワイヤーロックやチェーンロックの中には高級なものもあり、当然こちらの方が防犯効果は大きいです。

他にもU字ロックや南京錠、イモビライザー、アラームといったグッズがあります。
これらの盗難防止用グッズを有効に活用することによって、盗難を未然に防ぐことができるでしょう。