バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

真夏の暑さ対策

真夏の暑さ対策

ライダーにとって辛い夏のツーリング

ライダーにとって走るのが最も辛い季節といえば夏であるといえます。
もちろん、中には冬だという人もいることでしょう。
しかし、冬は風も冷たくても着込めば解決することができます。
それに対して夏場は、安全のためにはしっかり着込む必要があり場合によっては熱中症を起こしてしまうこともあります。

そこで、ここでは夏場のライダーの暑さ対策のコツを紹介していきます。
上手な暑さ対策を身につけて安全で快適なライディングを身につけましょう。

体をガードしつつも通気性を高めることはできるのか

暑いからと半袖短パンでバイクに乗るのは絶対にしてはいけない行動です。
万が一転んでしまったら、肌を露出していると大きなダメージを負うことになります。
また、肌を必要以上に露出すると太陽光や風によって疲れやすくなり、熱中症になることもあるのです。
そのため、暑いからといって肌を露出することが良いことではないのです。

やはり、安全性のため、そして暑さ対策のためにも肌は隠しておくことが重要です。
ヘルメットやジャケット、グローブ、シューズというものは夏になると少しでも薄くしたいと思う人が多くいます。
しかし、これらは熱中症対策に有効なものであり、そのまま身につけておくべきなのです。

また、人間は気温が高くなると汗をかきます。
この汗をかくこと以上に汗が蒸発して気化熱が発生することで私たちの体は体温を下げることができるという仕組みです。

そこで、体温を下げるためには気化熱が発生するための通気性が重要です。
肌を露出することよりもウェアの通気性をよくすることが体温を下げるのには大切なことであり、その対策が必要になります。
肌の露出避けながらも通気性をあげるのに有効なのがメッシュ素材です。

夏のツーリングにオススメなウェアやインナー

夏場に身につけるべきジャケットはメッシュ素材のものです。
長袖でありながらも通気性が良いために涼しく感じることができます。
走行中に長袖であっても暑く感じないですし、日焼け対策にもなりますから熱中症予防にも効果的です。

それに対してヘルメットやライナーといったものは日頃から使っているもので問題ありません。
意外なのは、インナーは体にぴったりフィットするタイプの方が涼しくなりやすいです
これは、ぴったりフィットすることで素早くインナーから汗を蒸発させられて、体感温度を早く下げてくれるのです。

最近ではクール素材のアイテムが多く販売されています。
インナーには特にこのタイプのものを選ぶようにすると気化熱の効果で涼しく感じられるようになるのでオススメです。
ただし、このような化繊の素材は人によって合う合わないがあります。
人によっては着用すると痒くなることがあり、痒みが出ると走行に集中できないので事前に着て着用感の確認をした上で取り入れるようにしましょう。