バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

バイクに乗る時にお勧めの防寒着

バイクに乗る時にお勧めの防寒着

風を侵入させない

特に冬になるとバイクに乗るのは寒さとの戦いとなるため、防寒対策としての防寒着はとても重要となります。
まず、ヘルメットを選ぶときには、ハーフヘルメットやジェットヘルメットを選んではいけません。
これらのヘルメットを使っていると、たとえマスクやマフラーを使ったとしても意味がないのです。

やはりフルフェイスヘルメットやオフロードヘルメット、システムヘルメットを選んだ方が良いでしょう。
これらのヘルメットならば完全に風を防ぐことができるため、どのような状況でも寒さを感じることはありません。
たとえ原付であっても、冬に乗るのであれば上記のうちどれかのヘルメットを選んだ方が良いでしょう。

ただし、ヘルメットと服の間にはどうしても隙間が生じてしまうことがあり、そこから風が入り込んでしまうことがあります。
そんなときにはネックウォーマーを使うことによって、隙間風を防げます。
バイク用のネックウォーマーも売られているため、調べてみてください。

服は基本的にどのようなものであっても構わないのですが、風が侵入しないことが大切です。
とりあえずどんどん着込んでいくことによって、寒さを感じることはなくなるでしょう。
インナーはヒートテックを使用すれば、冬であってもとても体が温まります。

防寒対策の工夫

冬にバイクに乗るときは厚着することが基本であり、たとえばジャンパーを着るだけではなくて、その下にさらにウインドブレーカーのようなものを着るという方法もあります。
ジャンパーを選ぶときにはできるだけ風が入り込まないような構造のものを選んでください。
バイク専用の防寒ジャンパーも売られているため、寒い地域に住んでいる方は使ってみましょう。

ズボンに関しては長時間乗るわけではないなら普通のジーパンでも構わないでしょう。
ただし、長時間のツーリングに出かけるならば、ジーパンの上にさらにナイロンのズボンを履くことをおすすめします。
ホームセンターに行けば安いものが売られているため、すぐに準備できるでしょう。

手袋に関しても長距離走行をするのであれば、手袋を二重にして使うと良いでしょう。
安物の手袋を使ってしまうとどんどん雨が浸透していくためおすすめできません。
ハンドルに直接取り付けられるタイプの手袋も売られているのですが、転倒したときに手が抜けないことが多いため、危険もあります。

靴は長時間走行する際には革靴を履くことをおすすめします。
革靴であれば全然風を通さないため寒さを感じることはほとんどありません。
靴下についてはできれば二枚履いておいた方が良いでしょう。
以上の点に注意して特に冬はきちんと防寒対策をしておかないと危険です。