バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

バイクの盗難補償について

バイクの盗難補償について

新しいバイクの購入

バイクは盗まれやすいものであり、もし盗まれてしまったら、そのときのショックは計り知れないものがあります。
自分は絶対にバイクを盗まれることはない、きちんと対策をしているから大丈夫だと安心してはいけません。
どんなに用心していたとしても、バイクを盗まれてしまうことはあるからです。

特に最近はプロの窃盗団がバイクを狙っているケースが多いため、高そうなバイクを持っている方は注意しましょう。
バイクが盗まれてしまうと、そのバイクを買ったり、カスタムするためにかかったお金が全部無駄になってしまいます。
そのような損害を補償してくれるための保険として、盗難補償というものがあります。

これに入っている方は、バイクが盗まれたときに補償を受けることができるのです。
たとえば最大で300万円まで補償してくれる盗難補償があり、これによってあなたが盗まれてしまったバイクの分のお金を得ることができます。
もちろん、お金をもらったからといって、バイクを盗まれたことを納得できるわけではないでしょう。

あなたがとても愛していたバイクが盗まれたのであれば、そのバイクを買うためにかかったお金以上の価値があるはずです。
それでも、バイクを盗まれてしまい、何も補償されないよりも、盗難補償としてお金を受け取れる方が良いでしょう。
盗難補償として受け取ったお金を使えば、また新しいバイクを買うことができるのです。

さまざまな補償がある

盗難補償だけではなくて、他にもいろいろな補償が存在しています。
たとえば、盗難されそうになりカギ穴にいたずらされたときの補償として、カギ穴いたずら補償というものがあります。
これはカギ穴を修理するためのお金を支払ってくれる補償であり、意外と便利です。

バイクの本体は盗まれなかったけれども、一部のパーツのみ盗難されることがあります。
そんなときのためにパーツ盗難補償というものもあり、純正部品の代金を補償してくれます。
盗難補償については細かく条件が定められていることがあるため気をつけましょう。

バイク保険に加えてさらに盗難補償に加入すると、保険料の負担は大きくなってしまいます。
毎月、どのくらいの保険料を支払う必要があるのかをきちんと計算して、家計への負担をよく考えておきましょう。
また、盗難補償があるからといって安心するのではなくて、バイクが盗難されないようにできる限りの対策はしておくべきです。