バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

任意保険料について

任意保険料について

金額に違いがある

バイクを買ったならば、バイク保険に加入することを検討しなければいけません。
しかし、任意保険の保険料がどのくらいかかるのか分からないと、考えようがないでしょう。
バイク保険の保険料は単にバイクの排気量だけで決まるのではなく、そのバイクに乗る人のリスクも考慮されます。

さまざまな条件を考慮したうえでバイクの保険料は決まるため、同じバイクに乗っていたとしても人によって保険料には違いがあります。
基本的に排気量の大きなバイクの方がより高い保険料がかかります。
年齢に関しては、若い方ほど事故を起こしやすいと考えられるため、保険料は高くなりやすいです。

年齢条件はバイク保険の保険料を決める際にとても重要なものとなっています。
基本的に任意保険の年齢条件には4つの種類があり、全年齢を補償、21歳以上を補償、26歳以上を補償、30歳以上を補償です。
保険料が最も高いのは補償範囲が広くなっている全年齢補償のタイプです。

極端なことをいえば、16歳と21歳のライダーでは年間の保険料が半額近くも違うケースがあるのです。
若い方ほどお金がないため保険料の負担が大きくなるのですが、実際には若いほど事故リスクが高いと判断されて保険料は高くなるため、困っている方は多いです。
実際、若い方の中には任意保険に加入していないケースがあるのですが、これは非常に危険な状態であるといえるでしょう。

バイク保険の条件に注意

バイク保険に加入するときには年齢条件のことをきちんと考えておきましょう。
たとえば、自分は30歳だから30歳以上を補償する保険に加入したとして、あなたのバイクを25歳の弟が運転したとします。
もし25歳の弟が事故を起こしてしまうと、30歳未満は補償されないため、保険金は支払われずに大変なことになってしまうのです。

もし年齢条件を外れている人を運転させたい場合には、保険会社に連絡をして追加保険料を支払うことで運転が可能となります。
任意保険に加入しておけばリスクを避けられると考えている方は多いのですが、年齢条件には気をつけるべきです。
バイク保険は複雑な仕組みになっているため、どのようなシステムになっているのかきちんと理解しましょう。

バイク保険の保険料は安い方だと年間に1万円程度しかかからないこともあるのですが、条件によっては年間10万円近く支払う必要のある場合もあります。
見積もりをもらうことによって、自分の条件でどのくらいの保険料が発生するのか分かります。
補償内容を手厚くすると、保険料はその分割増となってしまうため気をつけましょう。
家計に負担を与えない程度の保険料で契約をしないと、あとで苦労します。