バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

保険の補償内容について

保険の補償内容について
保険の補償内容について

複数セットのプランも

バイク保険にはいろいろな補償内容があるため、それぞれの意味を理解しましょう。
まず、相手方に対する補償として対人賠償保険と対物賠償保険の二種類があります。
これは他人を死傷させてしまったり、他人のモノに損害を与えた場合の補償です。

自賠責保険は最低限の内容の対人賠償保険が含まれているのですが、支払限度額があるため、それだけでは不十分なケースがあります。
そのため、任意保険で限度額が無制限の対人賠償保険に入っておくことをおすすめします。
対物賠償保険もとても重要な補償であり、限度額を無制限にしている方は多いです。

どんなに気をつけて運転していたとしても、事故にあってしまう可能性は0ではありません。
バイクの事故の場合、損害賠償請求されてしまい、億単位のお金を支払わなければいけないケースもあります。
そんな状況でもし自賠責保険にしか入っていなければ、とても困ったことになるでしょう。

バイク保険は複数の補償内容がセットになっているプランが多いのですが、基本的に対人賠償保険と対物賠償保険は必ず含まれているものです。
その他の補償として、自分自身や同乗者に対する補償があります。
そのような補償内容として、人身傷害補償特約や自損事故保険、搭乗者傷害保険また無保険車傷害保険といったものがあります。

細かい補償内容について

人身傷害補償特約とは、運転者や同乗者が事故で怪我をしてしまったときのための補償です。
治療するためにかかるお金のような実費に対して補償をしてくれます。
搭乗者傷害保険とは、運転していたり、乗車している方が死傷した際の補償です。

自損事故保険とは、自損事故によって死傷が起こってしまった場合に、自賠責保険では補償を受けることができない際に保険金が支払われるものとなっています。
また、無保険車傷害保険とは、任意保険に加入をしていない車やバイクによって事故に巻き込まれてしまったときに、十分な補償を受けられない状況で保険金が支払われる保険です。
これらの補償内容については、必要だと思うものにのみ加入すれば良いでしょう。

上記で説明してきたものは付帯補償と呼ばれているものであり、自由に追加することができます。
すべての特約や保険を含めてしまうと、月々に支払う保険料はかなり高額となってしまいます。
もちろん、万が一のことを考えればたくさんの補償が受けられることは良いことなのですが、その補償が本当に必要なものなのかはよく考えてください。
任意保険というのは加入が強制されるものではないのですが、自賠責保険だけだと心もとないため、できれば加入しておくべきでしょう。