バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

ソロツーリングに行こう

ソロツーリングに行こう
ソロツーリングに行こう

応急処置も自分で

初心者の方は基本的に上級者の方と一緒にツーリングを楽しんでいることが多いでしょう。
まだまだ、一人だと不安なことがたくさんあり、テクニックも未熟な状態では一人でツーリングをするのは危険がたくさんあります。
しかし、徐々にテクニックを身につけていき、ある程度のキャリアを積み重ねてきた中級者の方の中にはソロツーリングに挑戦してみようという方がいるかもしれません。

ソロツーリングというのは、文字通り一人だけでツーリングをすることです。
そのため、トラブルが起きたときにはすべてを一人で解決する必要があります。
パンクを直したり、レバーを交換したり、エンジントラブルが起きたときにもすべて自分で応急処置をしなければいけないのです。

このようにソロツーリングには大変な点もあるのですが、メリットもたくさんあります。
まず、自分のペースで好きなだけバイクを走らせることができるのはとても楽しいことです。
自分の見たい場所へ行くことができて、休憩したいところで休むことができて、どのようなペースで走るのかもすべて自分で決めれば良いのです。

ソロツーリングであれば、何もこだわる必要はなく、何の遠慮をする必要もないのです。
ただし、あまりにも自由だからといって何も持たずにソロツーリングをすることは避けるべきです。
事故が起きてしまったり、途中で疲れてしまうことを考慮して、きちんと荷物を準備していきましょう。
ソロツーリングに関してはこちらで解説されているため、参考にしてみてください。
>>ソロツーリングの楽しみ方 | バイクブログGURADHIUSU

ソロツーリングの注意点

ソロツーリングをするうえでいくつか注意点があるため解説しましょう。
まず、一人で走っているとついどんどん先へ進んでしまい休憩するのを忘れてしまうことがあります。
しかし、バイクというのは疲れているときに運転しては絶対にいけない乗り物です。

万が一の事故のことも考えて、定期的にきちんと休憩時間を取るようにしてください。
また、ソロツーリングだからといって無計画に出発してしまうのはやめるべきです。
きちんと細かいルートを決めておいて、その日のスケジュールを立ててから出発しましょう。

その日の天気についてもきちんと確認しておいて、どの道を通るのかもきちんと決めておきましょう。
最低限必要となる装備としてバッグと財布、レインウェア、携帯電話、ナビ、マップなどがあります。
自分がソロツーリングに出かけるということは、親しい人に伝えておくべきです。

休憩は最低でも2時間に1回はするようにして、暑い日や寒い日はもっと頻繁に休憩しましょう。
無理なペースで走るのはやめて、余裕を持った行動をして、ソロツーリングを楽しんでください。