バイクライフをより楽しむための情報を発信するブログ

メンテナンスを学ぼう

メンテナンスを学ぼう
メンテナンスを学ぼう

いつもでも大切に乗るために

バイクは大切にメンテナンスしないとすぐに劣化してしまうため気をつけて扱いましょう。
バイクにはいろいろなパーツがあるのですが、それぞれ定期的にチェックしてください。
バイクを大切に扱うことによって、いつまでも質を高く保つことができるでしょう。

バイクにはエアクリーナーという部品があるのですが、これはエンジンにゴミやホコリなどが入らないようにするための重要なパーツです。
このエアクリーナーは使い続けているとどうしても汚れが発生してしまうため、定期的にメンテナンスが必要となります。
エアクリーナーには3つのタイプが存在しているため、それぞれ適切なメンテナンスを行いましょう。

バイクのエンジンを冷やすための役割を果たしているのが冷却水です。
ラジエーターに冷却水が入っているのですが、これは定期的に交換しなければいけません。
冷却水を抜いて、新しい水としてクーラントと呼ばれているものを注入します。

バイクのメンテナンスの際に必ずチェックしてもらいたいものとしてバッテリーがあります。
特にバイクに乗る機会が少なくなってしまう冬場にはきちんとバッテリーをチェックしましょう。
バッテリーについてはバイクに乗る機会を増やせば、それによって長持ちするようになります。

バッテリーの状態を確認するためにはバッテリーチェッカーが便利です。
これを利用して電圧を測定して、もし電圧が低いならばきちんとバッテリーの充電をしましょう。
バッテリーのメンテナンスについてはこちらで解説されているため、ぜひとも読んでください。
>>バッテリーをチェックしよう|初心者でもできるバイク メンテナンス

バイクのメンテナンスの方法

メンテナンスをする箇所として意外と盲点になりやすい部分がバイクのハンドルです。
ハンドルをきちんと調整することによって、自分が快適に運転できる状態にしましょう。
どのような位置にハンドルがあるのがベストなのかは個人差があるのです。

ハンドルの中央部にはボルトがあるのですが、ここを緩めることによって調整できるようになります。
ハンドルを動かしてみて、自分が快適に運転できる状態に調整してみましょう。
もしあまりしっくりこないのであれば、新しいハンドルに交換してみる方法もあります。

バイクを安全に運転するためには、きちんとライトが点灯することは大切です。
ライト周りを点検して、きちんと使えるか、十分な明るさとなっているのか確認しましょう。
ライトを新しいものに変えたり、リフレクターの汚れを取り除くことによって、照明は明るくなります。
これらの方法によってバイクをメンテナンスすれば、いつまでも愛車を快適に乗り回せるようになるでしょう。